プーちゃんが旅立ち3か月後の家族

プーちゃんが旅立って3か月が経ちました。

家族の中でもまた犬を飼いたいという

主人と長男と祖父

もう、こんな悲しい思いするなら飼わない・・

長女と私・・(今はまだ飼おうという気になれず)


先日やはり愛犬を亡くなられた方にお会いしました。

その方は愛犬がなくなられた1週間後に

次の犬を探し始めたそうです。

「寂しいからね・・」と

確かに寂しいです。


寂しいさを埋めるために次の犬を飼うことも

わかります。


自分でもなぜ次の犬を飼うということに

消極的か考えると

やはり失うことのショック・・・

そして1番の理由が

たぶん

「プーちゃんじゃなければ意味がない」

それに尽きると思います。

次の犬を飼ってる人に聞くと
「前、飼ってた犬の事は忘れないよ・・・」


なかなか気持ちの整理がつきません。
時間がかかりそうです。




天国への旅立ち

プーちゃんが旅立っつて1か月が過ぎました。
今こうして文章を書いてる時も涙があふれ出てきます。
もうプーちゃんに触ることできないんだな・・・・

一番の後悔は病院に10日も入院させてしまったことです。
せめて家で家族に見守られ送ってあげたかった。
たった一人でステンレスの上にバスタオルを引いただけの
硬い上で最期をおくらせてしまったこと

いつもうちにいる時はフカフカのクッションの上やソファの上で
休んでたのに・・・・ごめんね。

亡くなった頃は突然と思いだし食事時、運転中
涙が止まらない時がありました。

そんな姿を見て娘が

 「ママ泣かないで・・・
 プーちゃんはみんなを幸せにするために来たんだよ!
 この世がどんなに良くても天国ほどいいとこはないの
 その天国にプーちゃんは行ったんだから
                泣かないで・・・・」

そうなんだ・・・
プーちゃんは天国に行ったんだ・・・

プーちゃん
天国はどうですか?
お散歩大好きなプーちゃんだから
毎日自由に行きたいところお散歩してるかな・・・?
プーちゃんの写真とお花一緒に玄関に飾ってあるよ。
いつもお迎えありがとうね!
みんなのこと時々天国から覗いてみてね!

可愛いプーちゃん
今までありがとう!

スポンサードリンク







緊急入院! 犬の腎不全

我が家の可愛い愛犬プーちゃんが入院しました。

ショックです。

あんなに元気だったのに・・・・


病名は 腎不全 尿毒症






先生に

「水も良く飲んでたし、尿もいつもどおり出てて気が付きませんでした。」


先生が病状を説明してくれました。

「水分ばかり出て、毒素が出てなかったんだよ。
人間でいうと透析だけど犬とか血液が少ないから薬で毒素を出してる状態です。
薬でどれだけ良くなるか・・・・」

尿毒症 は尿が出ないとばかり思ってました。


起き上がることもできず、ぐったりして点滴してる

プーちゃんを見てると涙が止まりません。

「早くお家に帰ろうね。」

と撫でてあげることしかできませんでした。